スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敏感肌とステロイドの関係

先日、敏感肌用化粧品とか敏感肌用スキンケアにはステロイドが種類にもよりますが0.03%までは添加が認められていると書きました。

消費者として怖いのは「微量でもステロイドが添加されていることを知らないで常用してしまうこと」ということをお伝えしましたよね。


一方でアトピービジネスという言葉があるように、ステロイド=”悪”という風潮で健康食品やサプリメント、スキンケアを販売している方たちもいらっしゃいます。

でもステロイド=”悪”では、ないんですよ。

ステロイドは痒み(かゆみ)や炎症を鎮めるには大変優れた薬です。

アレルギーの辛さはそうした痒みや炎症が絶え間なく続くこと。

こうした「症状」を止めるためには、やはり医師の「治療」が必要なのです。

お医者様なら容量・用法を適切に指導してくださいますので安心です。

もちろんステロイドのやめ時も教えてくださることでしょう。

ステロイドの副作用である、

「毛細血管の拡張」

「角層が薄くなる」

「にきび、しみが出来やすくなる」

「水分保持力の減少」などは

注意が必要で医師と相談しながら自分自身が肌を見守る必要があります。

でも敏感肌用化粧品やスキンケアのように、知らないでステロイドの副作用に見舞われるのとは違うのです。

皮膚科のお医者様がよく言われているのは、

「ステロイド」と合わせて「保湿をよくすること」

を指導されます。

ステロイドのプラス部分(薬効)は、痒み炎症を止めること、一方副作用は上に挙げましたようにたくさんありますが「保湿をよくすること」で、危険性が減るわけです。

特に洗顔後の保湿、また体でしたら入浴後の保湿、そして汗などをかかれた時も保湿が必要です。

これは先日テレビを見ていた時、皮膚科の先生が「洗顔・入浴後は10分以内に保湿すること」と言ってました。

大賛成です。

10分と言わず、大至急で保湿をするべきです。

現場のエステシャンと話してますとエステでお客様の洗顔後、刻一刻と肌が乾燥してパリパリになっていく様子が分かると言います。

肌は体温で熱を持っていますので当然、乾いていきますがその時に皮膚の水分も一緒に蒸発させてしまいます。

気をつけましょうね。

まとめです。

敏感肌、アレルギー、アトピーの「症状」が出た場合は、皮膚科専門医の「治療」をオススメします。

ステロイドなどのお薬が処方されましたら、指導に従って用法・容量を守ります。

また薬のマイナスを補う保湿のお手入れをされることで余分な副作用の危険性を下げることができます。

以上です。

【ご参考ページ】

http://www.suhadabi.co.jp/arerugi.html

にきび、しみ、しわ、赤ら顔、アレルギーから素肌を取り戻す素肌美エール
http://www.suhadabi.co.jp/

素肌美エールネット本店でもっと学びませんか、お肌のこと。

素肌美エステご予約は、こちらをクリック

岐阜県恵那市中津川市に近い方は素肌美エステとカウンセリングをぜひ受けてください。
人生、変わりますよ~?!

関連記事
スポンサーサイト
素肌美エールのビフォアアフター写真

テーマ : 健康&美容とくとく情報
ジャンル : 心と身体

目次

素肌美エール本店

にきび、しみ、しわ、赤ら顔、アレルギーから素肌を取り戻す素肌美エール

素肌美エール本店のホームページはこちらです。
肌トラブルを体系的に解説しています。
ご興味のある方はご覧くださいませ。



素肌美エールミニビデオセミナー。
保湿の仕組みが分かります。
再生ボタンをクリックしてください。

プロフィール

素肌美社長

Author:素肌美社長
素肌美生活を実行中。
イナータスチーフインストラクター資格を持っています。
肌の悩みはなんでもご相談ください。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索



↑ ブログランキングに参加しました。ポチっとクリックしていただくと励みになります

スポンサー

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。